«

»

9月 06

界面活性剤が子供の味覚をおかしくする!!と言う記事を読んでから……。

歯磨き粉があると、いちごやメロンなど、子供に馴染みのある食べ物のにおいや味がするので、自分から歯ブラシを握ってある程度磨いてくれます。

歯磨き粉を子供につけさせると、必要以上につけてそれを舐めて、舐めおわったらポイっと歯ブラシを投げてしまいます。歯磨き粉ももったいないし、歯磨きできていないので、私が必ず歯磨き粉をつけて、それを渡すようにしています。

また、歯磨き粉の界面活性剤が子供の味覚をおかしくする、アメリカでは子供は歯磨き粉を使っていないという記事を読んでから、歯磨き粉の見直しを行いました。

ピジョンなど、ドラッグストアのベビー用品コーナーにあるものは比較的高くて手が出せず、しゃぼん玉のせっけん歯磨きみかん味をみつけてこちらを使い始めました。

今までの歯磨き粉だと発泡剤が入っていたので、仕上げ磨きの時は、仕上げ磨きの途中で何回もたまった泡を飲み込んだりしていました。

子供も、何回も口を開けたり閉じたりするのに疲れて途中で嫌になり機嫌が悪くなってしまう、私も、磨いていて子供がしょっちゅう口を閉じるし大きな口にならないので、とても磨きづらかったです。

しゃぼん玉の歯磨き粉は、泡立たないぶん、子供が長い間口をあけてくれて助かりましたし、味覚音痴になるというリスクもさけられて良かったと思っています。

泡がないので歯もみえやすく、以前より歯1本1本を丁寧にみがけるようになりました。

泡がある歯磨き粉のときは、勢いでシャカシャカ磨いていた気がします。

ただ、子供用しゃぼん玉歯磨き粉を売っている店がなかなかなく、ネットショップでは送料がかかると悩んで近場のお店を探したら、生協に◯◯という子供用のせっけん歯磨き粉をみつけました。

値段も200円ほどで安く、簡単に手にはいるので今はこれに落ち着いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>