«

»

9月 15

痛みに耐え待望の我が子との対面をし一安心

陣痛やお産もとても大変なものだったのですがそれ以上に大変だったのが産後の処置です。陣痛の痛みに耐え待望の我が子との対面をし一安心。と思うのもつかの間一息つく暇もなく産後の処置が行われました。

胎盤を出したりする処置も痛みはありましたがその後に待ち受けていた処置が想像を絶するものでした。私は出産する際に会陰部が裂けていたのでその傷の処置をしなければいけませんでした。痛みをなくすために局部麻酔をしてくれるのですがその局部麻酔もとても痛かったのを覚えています。麻酔が効く間もなく傷の縫合をされるのですが普通に麻酔が効いてない状態で縫合されるのも常識的に考えてすごい痛みだと思うのですが会陰部の縫合は陣痛の痛みも忘れてしまうほど、むしろ陣痛の痛みをはるかに超えるほどの痛みでした。

出産をする前に事前に色々インターネットで調べていたのですが会陰部の縫合は麻酔が効いてたので痛くなかったという記事をたくさん見ていたので安心しきっていたのですがその期待も大いに裏切られました。

二、三回局部麻酔を打ってくれたのですが麻酔が一向に効く気配もなく…結局最後の最後まで麻酔が効いていない状態で釣り針のような太く鋭い針で縫合処置されました。

縫合してくださった先生は「もう終わるよ。もうすぐで終わるよ」と言いながら処置されていた時間はとても長く感じました。お産を終えてとても疲れている状態であの拷問のような産後の処置は出産の中でも今まで生きてきた中でもとても大変なものだったなと思います。

長年悩んでいた小鼻の汚れを落とすことが出来ました。
洗顔ブースターの『エマルジョンリムーバー』を顔に吹きかけるだけで見る見るうちに毛穴の汚れが落ちていったんです。
エマルジョンリムーバーの効果が本物かどうかについては口コミサイトを確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>